【お悩み】安心して利用できる消費者金融の特徴はなんですか?

Q.消費者金融は、私のように、過去に利用したことがない人にとっては、少し怖いイメージがあると思います。テレビのコマーシャルなどで、いくら宣伝されていても、どうしても闇金などの強い負の印象が勝ってしまいます。そんな私のような、消費者金融慣れしていない人でも安心して利用できる消費者金融の特徴は何ですか?

A.安心して利用できる消費者金融の特徴とは少し違いますが、ヤミ金を避ける方法ならあります。まず、一番確実なのは、テレビのコマーシャルで宣伝している消費者金融は100%闇金ではありません。テレビのコマーシャル広告を出すためには、その事業が国に認可されていることが必要です。闇金とは、政府に届出をしていない金融業者を指すため、広告を放送している消費者金融は、まず利用するのに問題ない対象と見ていいでしょう。

重要なのは、ここからです。テレビの広告を出すためには莫大な広告費が必要になり、大手以外の消費者金融の多くの中小消費者金融はCMがありません。大手の審査に落ちてしまい、どうしても中小に頼らなくてはいけなくなった時に、借り入れに慣れていないと、健全な企業か悪徳金融かの区別がつきにくいのが問題です。

まず避けるべきなのが、インターネット上にある金融業者です。特に、企業の連絡先が携帯の場合はかなり危険です。次に、雑誌の広告裏などに書かれている金融業者です。無論ちゃんとした消費者金融が多いですが、中には悪徳金融の混じっているので、この対象は、事前に調べたほうがいいです。

消費者金融は安心して使えるの?何か怖いイメージがあるんだけど

消費者金融ってコマーシャルもしてて多くの人が利用してるんだろうなって思うんですが、何か怖いイメージがあるんですよね。理由はよく分からないんですが。

消費者金融って本当に安心して使えるんでしょうか?私的にはやっぱり銀行のカードローンの方が安心できそうな気がするんです。

消費者金融のイメージには個人差もありますが安心ですよ

消費者金融に「なんか怖い」というイメージを持つ人もいるわね。これは、昔のサラ金時代の高金利や取り立てが社会問題になった時代の名残りかしら?一度悪いイメージがついてしまうと、そうそう簡単には払拭できないわね。

でも今、消費者金融は名前が変わっただけでなく、実態も随分と変化しているのよ。まずその金利。過去何度も金利は引き下げられてきた経緯があるんだけど、一番最近の引き下げではとうとう年利20%になったの。その結果、いわゆるグレーゾーン金利は事実上消滅よ。

消費者金融が適用していた出資法に基づく上限金利と、利息制限法の金利とのズレがこれでなくなったってわけ。なので、今消費者金融から借りている人には利息の過払いは発生しないのよ。過払い請求する人は、この法改正以前から借りている人、あるいは既に返済の終わった人ってことになるわね。つまり、消費者金融は既に「高利貸し」ではないってことよ。

また昔のサラ金は、返済ができない人に対して生活を追いつめるような取り立てがあったということでも有名ね。でも、これも今は法律改正によって厳しく制限をかけられているの。深夜や早朝の督促や債務者を怖がらせる行為はできなくなっているので、その点でも「怖い」という実態はなくなっていると言えるわ。

ただし、これは法律に基づいて営業をしている登録業者について言えること。もしもこんな法律をはなっから無視している業者であれば、高金利や取り立てはお手の物。法律を無視しているということは、つまり貸金業の登録をしていない違法業者ってことね。

このような業者は闇金と言って通常の業者とは区別することが多いんだけど、中にはこんな違法業者までもひっくるめて「消費者金融」と言う人もいるので、なおさら怖いイメージが払拭できないのかもしれないわね。このような登録していない闇金とは違って、通常の消費者金融は法律を守って営業をしている安心できる業者なのよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ?満足する人続出中!?厳選カードローン会社紹介サイトは此処! All Rights Reserved.