【不安】何社も断りをされた場合は審査自体を受けない方がいいの?

Q.消費者金融などの金融機関で、お金を借りようとしたのですが、審査に落ちてしまいました。しかし、それだけでは諦められず、別の消費者金融で再び申し込みをしました。しかし、そこでもまた審査に落ちてしまいました。こうなった場合、一度申し込み自体をやめたほうがいいのでしょうか?

A.短期間で複数の消費者金融に申し込むと、要注意人物だと登録されてしまい、さらに審査に落ちやすくなります。そのため、一度の申し込む消費者金融は最大でも3社にとどめるべきです。この3つで落ちたら、最低でも3ヶ月は新規に申し込みをしないほうがいいでしょう。

通常、それほどまでに審査に落ちるということは、なにか条件を満たしていないと考えるのが普通です。下手な鉄砲ではありませんが、あちらもこちら元いたずらに申し込むのは事態を悪化させるだけだと知りましょう。消費者金融は、比較的借りやすいのもかかわらず、それでも審査に通らないのは、返済能力が不足している、または、借入金額は収入に見合ってないかのいずれかである可能性が高いです。収入をすぐに上げることは難しでしょうから、2?3ヶ月様子を見て、借入金額を低く設定し、再度申し込みをしてみることを勧めます。

消費者金融でも、大手の場合と中小の場合で、求められる条件や審査の難易度は変わってきます。とにかくお金を借りられればどこでもいいいというのであれば、大手の消費者金融より、中小の消費者金融の方が借りやすいことが多いので、選ぶときの参考にしてみるといいですよ。

審査で何社も断りの連絡が!一体どうやったら借りれるの?

参っちゃいます。こないだからずっとキャッシングを申し込んでるんですが、審査を受けても断りの連絡ばっかし。どうやったら借りれるんでしょうか。

一生懸命にネットで検索しては申込をしているのに、片っ端からアウト・・・やっぱり勤続年数が少ないのがダメなのかなぁ?

審査申込をしすぎると審査に落ちてしまいますよ!

消費者金融も銀行も、カードローンはとても沢山あるわよね。ネットで探せば誰だってすぐに10個くらいは見つかるでしょう。それに申込だってオンラインでその場から簡単にできてしまう。だから次々複数のカードローンを申込みをする人もいるんだけど、実はこれが問題なの。

カードローン審査を受けると、必ず信用情報機関にその人のデータを照会することはご存知とは思うんだけど、この際に「データ照会があったよ」という足跡が残ることになっているの。つまり3カ所で審査を受ければ、3つの足跡が残されることになるわけ。

最初の審査に落ちてしまった人が、次の業者ですぐに申込みすることは決して珍しいことではないんだけど、中には最初っから踏み倒すつもりで、短期間に借りれるところから借りれるだけ借りようとする人もいるの。また名義貸しに利用されて同じような借り方をすることもあるわね。業者としてはこれを警戒して、怪しいものは審査に落とすこともあるのよ。

そのため、連続して審査を受けたい場合にも、あまり短期間に集中して申込をしないようにした方がいいの。その基準としては、一ヶ月に3件から4件までと言われているわ。これ以上になると不自然に思われる可能性大なので、通常はせいぜい2件程度に抑えておく方が無難じゃないかしら。

というのも一旦これで警戒されてしまうと、この記録が完全に消えるまでは何度審査を受けても落ちてしまうからなのよ。記録が消えるまでにかかる時間は何と6ヶ月。6ヶ月も棒に振ってしまうんなら、最初から慎重になった方が賢明でしょう。

つまり、この6ヶ月が過ぎないうちにまた新たに次々申込んでしまうと、ずっと審査に通らない状況になってしまうの。最初の審査落ちが勤続年数の不足だったとしても、あとの分は申込が多過ぎたことが原因かもしれないわ。とにかく半年間はじっとしておくことが大事。そうすれば勤続年数も自動的増えるから、次回は余裕をもって審査を受けることができるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ?満足する人続出中!?厳選カードローン会社紹介サイトは此処! All Rights Reserved.