仕事をしていない時の消費者金融の考え方

キャッシングベスト3

【お悩み】仕事してないと貯金があってもお金を借りられないの?

Q.貯蓄はあるけれども、仕事をしていないと消費者金融を利用することはできないと言われました。消費者金融が利用者に要求するものは、どういったものなのかが知りたいです。例えば、多額な貯蓄があって無職の人と、貯蓄が0で正規雇用をされている会社員では、消費者金融はどちらを上客と考えるのでしょうか?

A.一見すると、資産を持っている方がいい利用者と捉えがちですが、消費者金融の考え方が少し違います。たとえいくら貯蓄があったとしても、無職の場合には、消費者金融は、貸したとしても最低金額しか融通しません。これは、現在の資産よりも、将来的な収益を期待しているからにほかなりません。

消費者金融や銀行といった貸金業が一番契約者に対して求めるのは、継続的な収入を確保できているかということです。質問にあった貯蓄0というのは極端な例で、そこまで切羽詰っている人には貸さないと思いますが、一般的に、貯蓄額いかんよりも現在の収入の方に重点が置かれやすいのが消費者金融の特徴です。

消費者金融でお金を借りたいのであれば、手に職を得ることが最も重要です。なんでもいいので働いて、継続的な収入があると証明するべきです。日雇いのアルバイトでは対して信用を得ることはできないので、長期にわたる収入が手に入る仕事を選ぶことです。職種はなんでもいいです。仕事の期間が短い場合は、借入金額を多く設定することはできませんが、無職に比べて、審査で落とされる確率はかなり減ると考えられます。

仕事してないと絶対にカードローンは申込めませんか?

仕事をしていないとカードローンは申込めないそうですね。実は私は以前は仕事をしていたんですが、過労で体調を崩してしまったので、今はやめて専業主婦です。

貯金も少なく、生活資金が少し借りたいと思うんですが、私が申込めないとしたら、やっぱり主人に頼んで借りてもらうしかないかしら。

条件つきですが仕事をしていなくても借りれます

消費者金融では、本人に収入があるというのが審査の条件になってるわね。でも、これには例外があって、配偶者に安定した年収があれば審査を受けれることになってるの。ただし、全ての業者がこれに対応している訳じゃないから、まずそういう業者を選ばないといけないのよ。中堅のレディースローンなどでは、専業主婦への貸付も扱っているようよ。

ただしそのような業者で通常のカードローンと同じような借り方ができるかというとそうではなくて、配偶者の年収証明書や同意書も必要になるの。てことは、ご主人に内緒でお金を借りたいなんていう人には適さないわね。また同意を得られるんであれば、ご主人が契約者となって通常のカードローンを借りてもいいってことになるので、いずれにしてもご夫婦で相談することが大切よ。

でも銀行のカードローンならば、このような書類は必要ないの。ご主人に安定した収入があるのであれば、同意書などは不要。自分の判断で申込むことができるのよ。ただし借入額には上限があって、それ以上増額もできないというのが一般的だし、それだってどの銀行のカードローンでも対応しているとは限らないわ。専業主婦の申込が可とも不可とも明記してなくてはっきりしない場合は、念の為に問い合わせておきましょう。

また年収がないといえば定年退職後、年金生活になった人もそうね。年金生活の人も、消費者金融では何らかの年収がないとお金を借りることはできないのよ。ただし、この場合も配偶者に年収があれば審査を受けることが可能よ。そんな年金生活者も、やはり銀行であれば借りることができるわよ。ただしこれも全てのカードローンではないので、事前に貸付条件を確認しておきましょう。銀行の中には、年金生活者専用のローンもあるのでこれならば安心ね。

このように、収入がなくても条件次第ではカードローンを借りることが可能なの。でも、このような条件のある人以外では、無収入の人は通常審査を受けることはできないので、とにかく職を探すってことが先決ってことね。専業主婦や年金生活者、またそれ以外の無職の人は、どうしてもお金を借り難い人であるために、つい闇金などに手を出してしまう可能性も高いので注意してね。誰にでもお金を貸しますという業者は危険なので、くれぐれも連絡をとったりしないように!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ?満足する人続出中!?厳選カードローン会社紹介サイトは此処! All Rights Reserved.